不倫をする際のポイントは

不倫をしてバレると大変なことになってしまうので、バレないように相手を選ぶ、バレないように振る舞うことが重要です。これから不倫をする際のポイントについて紹介していきます。

不倫相手を選ぶ時のポイント

不倫がバレる原因は自分の言動からバレるケースもありますが不倫相手が本気になってしまい離婚を迫ってきたり、自身の痕跡をわざと残す場合もあります。
また中には自宅に電話をしてきたり、最悪のケースは自宅に乗り込んできて修羅場になる場合もあります。そんな事にならない様に不倫相手を選ぶ時には次の2点は必ず守るようにして下さい。

  • パートナーが他にいる相手を選ぶ
  • 嘘が上手な人を選ぶ

自分だけが既婚者の場合より不倫相手にも配偶者がいた方がお互い家庭があるのでバレる様な振る舞いはしません。

片方のみ守りたい相手がいるとバランスが取れずに関係が崩れやすいので必ず不倫相手にもパートナーがいる相手を選ぶことが重要です。
不倫相手が未婚の場合でも本命の彼がいる場合はバレる様な行為は慎んでくれます。
自分と同じく本命は別にいて危険な関係を楽しみたいという共犯者になれる相手を探すことがポイントです。

あと不倫相手を選ぶポイントは嘘が上手な人、演技が出来る人を選びましょう。
いくら不倫関係がバレないように振る舞ってもその演技が下手くそならすぐに関係を周囲に知られてしまいます。だから人目を気にすることが出来て、自身のパートナーに対してさえバレないように嘘がつける人が不倫相手にお勧めです。

不倫がバレないように振る舞う為のポイント

不倫というのは日常の些細な言動からバレてしまうケースもあります。これから不倫がバレない為の立ち振る舞いを説明するので次の3点を心がけて下さい。

  • 出来るだけ普段と同じ行動をする
  • 洋服、下着は今まで通りに
  • プレゼントといった形に残るモノは贈らない

不倫相手と共にいる時間が楽しくもっと一緒にいたいと思う人も多いでしょうが、会う回数が増えたり、会う時間が長くなるとパートナーにバレてしまうリスクが高くなります。
普段と違う事をすればするほど不倫関係はバレやすくなるので出来るだけ普段通りに生活をすることを心がけて下さい。

あと洋服、下着は今まで通りにすることが重要です。不倫相手が若い場合はつい相手に合わせて若々しいモノを身につけたり、急にお洒落に気をつかい出したら、怪しまれる可能性があります。
特に下着などは見せる相手が限られているのでいきなり派手なモノを身につけるようになると不倫がバレやすくなります。

あと形に残るプレゼントは贈らない方が無難です。誕生日やイベントにプレゼントをするとクレジットカードの履歴などからバレてしまうリスクがあるので注意しましょう。
食事などなら仕事の関係者と食べたと言い張ることが出来ますが、アクセサリーやブランドモノのカード履歴が届いたらちょっと言い訳が難しいと言えます。

不倫がバレないようにするポイント

まず相手を選ぶ時のポイントはパートナーがいる相手、嘘が上手な相手を選ぶようにしましょう。
さらに立ち振る舞いについては出来るだけ普段通りの行動をする、服装や下着を変えない、プレゼントは贈らないように心がけて下さい。

関連記事

NO IMAGE

既婚者女性の出会い